Cisco Nexus 92300YCクラスタ スイッチへのNX-OSソフトウェアとRCFのインストール

Cisco NX-OSソフトウェアおよびリファレンス構成ファイル(RCF)をCisco Nexus 92300YCクラスタ スイッチにインストールする必要があります。

開始する前に

クラスタ スイッチにNX-OSソフトウェアおよびRCFをインストールする前に、次の条件が満たされている必要があります。
  • クラスタが完全に機能している必要があります(ログにエラーがあるなどの問題が発生していない)。
  • NX-OSだけをインストールして現在のRCFバージョンをそのまま使用する場合は、目的のブート イメージを反映するように、RCFで必要なブート設定を確認または設定しておく必要があります。
  • 現在のブート イメージを反映するようにブート設定を変更する必要がある場合は、あとでリブートしたときに正しいバージョンがインスタンス化されるように、RCFを再適用する前に変更する必要があります。
  • サポートされているONTAP、NX-OS、およびRCFのバージョンについては、Ciscoイーサネット スイッチのページにあるスイッチ互換性の表を参照してください。

    Ciscoイーサネット スイッチ

  • RCFのコマンド構文と、NX-OSのバージョンにあるコマンド構文との間には、コマンドの依存関係が存在する場合があります。
  • Ciscoスイッチのアップグレードおよびダウングレード手順の詳細については、CiscoのWebサイトで入手可能な、適切なCisco Nexus 9000シリーズ スイッチのソフトウェアおよびアップグレードガイドを参照しておく必要があります。

    Cisco Nexus 9000シリーズ スイッチ

  • 最新のRCFが必要です。

タスク概要

この手順の例では、2つのノードを使用します。これらのノードは、2つの10GbEクラスタ インターコネクト ポートe0ae0bを使用します。

プラットフォーム対応した正しいクラスタ ポートを確認するには、Hardware Universeを参照してください。

Hardware Universe

注: コマンド出力は、ONTAPのリリースによって異なる場合があります。
この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。
  • 2つのCiscoスイッチの名前はcs1cs2です。
  • ノード名はnode1node2です。
  • クラスタLIFの名前は、ノード1ではnode1_clus1node1_clus2で、ノード2ではnode2_clus1node2_clus2です。
  • cluster1::*>プロンプトは、クラスタの名前を示します。
注: この手順では、ONTAPコマンドとCisco Nexus 9000シリーズ スイッチ コマンドの両方を使用する必要があります。特に明記されていないかぎり、ONTAPコマンドを使用します。

手順

  1. 権限レベルをadvancedに変更します。続行するかどうかを尋ねられたら、「y」と入力します。
    set -privilege advanced
    advancedのプロンプト(*>)が表示されます。
  2. このクラスタでAutoSupportが有効になっている場合は、AutoSupportメッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。system node autosupport invoke -node * -type all -message MAINT=x h
    ここで、xには、メンテナンス時間の長さ(時間数)を指定します。
    注: AutoSupportメッセージはテクニカル サポートにこのメンテナンス タスクについて通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。
    次のコマンドは、ケースの自動作成を2時間停止します。
    cluster1:*> system node autosupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h
    
  3. クラスタ インターコネクト スイッチごとに、各ノードに設定されているクラスタ インターコネクト インターフェイスの数を表示します。network device-discovery show -protocol cdp
    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    
     Node/      Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node2      /cdp                             
                e0a    cs1                       Eth1/2            N9K-C92300YC
                e0b    cs2                       Eth1/2            N9K-C92300YC
    node1      /cdp
                e0a    cs1                       Eth1/1            N9K-C92300YC
                e0b    cs2                       Eth1/1            N9K-C92300YC
    
    4 entries were displayed.
    
  4. 各クラスタ インターフェイスの管理ステータスまたは動作ステータスを確認します。
    1. ネットワーク ポートの属性を表示します。 network port show –ipspace Cluster
      cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
      
      Node: node2
                                                        Speed(Mbps) Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
       
      Node: node1
                                                        Speed(Mbps) Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- --------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy
      
      4 entries were displayed.
    2. LIFに関する情報を表示します。network interface show -vserver Cluster
      cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
      
                  Logical    Status     Network            Current       Current Is
      Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
      ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
      Cluster
                  node1_clus1  up/up    169.254.209.69/16  node1         e0a     true
                  node1_clus2  up/up    169.254.49.125/16  node1         e0b     true
                  node2_clus1  up/up    169.254.47.194/16  node2         e0a     true
                  node2_clus2  up/up    169.254.19.183/16  node2         e0b     true
      
      4 entries were displayed.
      
  5. リモート クラスタLIFにpingを実行します。cluster ping-cluster -node node-name
    cluster1::*> cluster ping-cluster -node node2
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69 node1     e0a       
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125 node1     e0b       
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194 node2     e0a       
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183 node2     e0b       
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    .... 
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................ 
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
    
  6. すべてのクラスタLIFでauto-revertコマンドが有効になっていることを確認します。network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
              Logical       
    Vserver   Interface     Auto-revert
    --------- ------------- ------------ 
    Cluster
              node1_clus1   true
              node1_clus2   true
              node2_clus1   true
              node2_clus2   true
    
    4 entries were displayed.