CN1610クラスタ スイッチをBES-53248クラスタ スイッチに移行する方法

クラスタ内の既存のCN1610クラスタ スイッチをBroadcom対応BES-53248クラスタ スイッチに交換するには、特定の順序でタスクを実行する必要があります。

タスク概要

この手順の例では、2つのノードを使用し、それぞれにe0ae0bの2つの10GbEクラスタ インターコネクト ポートを導入しています。

この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。
  • コマンド出力は、ONTAPソフトウェアのリリースによって異なる場合があります。
  • 交換するCN1610スイッチは、CL1およびCL2です。
  • CN1610スイッチと交換するBES-53248スイッチは、cs1およびcs2です。
  • ノードはnode1node2です。
  • まずスイッチCL1がcs1に置き換えられ、続いてCL2がcs2に置き換えられます。
  • BES-53248スイッチには、サポートされているバージョンのリファレンス構成ファイル(RCF)とイーサネット ファブリックOS(EFOS)が事前にロードされており、ISLケーブルがポート55と56に接続されています。
  • クラスタのLIF名は、ノード1ではnode1_clus1node1_clus2で、ノード2ではnode2_clus1node2_clus2です。

この手順では、次のシナリオについて説明します。

手順

  1. 権限レベルをadvancedに変更します。続行するかどうかを尋ねられたら、「y」と入力します。set -privilege advanced
    advancedのプロンプト(*>)が表示されます。
  2. このクラスタでAutoSupportが有効になっている場合は、AutoSupportメッセージを呼び出してケースの自動作成を抑制します。system node autosupport invoke -node * -type all -message MAINT=xh
    ここで、xには、メンテナンス時間の長さ(時間数)を指定します。
    注: AutoSupportメッセージはテクニカル サポートにこのメンテナンス タスクについて通知し、メンテナンス時間中はケースの自動作成が停止されます。

    次のコマンドは、ケースの自動作成を2時間停止します。

    cluster1::*> system node autosupport invoke -node * -type all -message MAINT=2h
  3. すべてのクラスタLIFでauto-revertが有効になっていることを確認します。network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster -fields auto-revert
    
              Logical       
    Vserver   Interface     Auto-revert
    --------- ------------- ------------ 
    Cluster
              node1_clus1   true
              node1_clus2   true
              node2_clus1   true
              node2_clus2   true
    
    4 entries were displayed.
    
  4. 構成に含まれるデバイスに関する情報を表示します。network device-discovery show -protocol cdp

    次の例は、各クラスタ インターコネクト スイッチの各ノードに設定されているクラスタ インターコネクト インターフェイスの数を示しています。

    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node2      /cdp
                e0a    CL1                       0/2               CN1610
                e0b    CL2                       0/2               CN1610
    node1      /cdp
                e0a    CL1                       0/1               CN1610
                e0b    CL2                       0/1               CN1610
    
    4 entries were displayed.
  5. 各クラスタ インターフェイスの管理ステータスまたは動作ステータスを確認します。
    1. クラスタ ネットワーク ポートの属性を表示します。network port show -ipspace Cluster
      cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
      
      Node: node1
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      
      Node: node2
                                                                             Ignore
                                                        Speed(Mbps) Health   Health
      Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
      --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
      e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
      
      4 entries were displayed.
    2. 論理インターフェイスに関する情報を表示します。network port show -vserver Cluster
      cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
      
                  Logical    Status     Network            Current       Current Is
      Vserver     Interface  Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
      ----------- ---------- ---------- ------------------ ------------- ------- ----
      Cluster
                  node1_clus1  up/up    169.254.209.69/16  node1         e0a     true
                  node1_clus2  up/up    169.254.49.125/16  node1         e0b     true
                  node2_clus1  up/up    169.254.47.194/16  node2         e0a     true
                  node2_clus2  up/up    169.254.19.183/16  node2         e0b     true
      4 entries were displayed.
  6. 新しいBES-53248スイッチに、要件に応じた適切なRCFとイメージがインストールされていることを確認し、ユーザやパスワード、ネットワーク アドレスなどの基本的なサイトのカスタマイズを行います。
  7. リモート クラスタ インターフェイスにpingを実行します。cluster ping-cluster -node node-name
    次に、リモート クラスタ インターフェイスにpingを実行する例を示します。
    cluster1::*> cluster ping-cluster -node node2
    
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69  node1     e0a       
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125  node1     e0b       
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194  node2     e0a       
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183  node2     e0b
          
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    .... 
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................ 
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  8. アクティブなCN1610スイッチCL2のISLポート13~16をシャットダウンします。shutdown
    次に、CN1610スイッチCL2のISLポート13~16をシャットダウンする例を示します。
    (CL2)# configure
    (CL2)(Config)# interface 0/13-0/16
    (CL2)(Interface 0/13-0/16)# shutdown
    (CL2)(Interface 0/13-0/16)# exit
    (CL2)(Config)# exit
    (CL2)#
    
  9. CN1610 CL2と新しいBES-53248 cs1の間に一時的なISLを構築します。CL2上の既存のISLを再利用できるため、ISLはcs1でのみ定義します。
    次の例では、cs1(ポート13~16)上に一時的なISLを構築し、CL2上の既存のISL(ポート13~16)に接続します。
    (cs1) # configure
    (cs1) (Config)# port-channel name 1/2 temp-isl-cn1610
    (cs1) (Config)# interface 0/13-0/16
    (cs1) (Interface 0/13-0/16)# no spanning-tree edgeport
    (cs1) (Interface 0/13-0/16)# addport 1/2
    (cs1) (Interface 0/13-0/16)# exit
    (cs1) (Config)# interface lag 2
    (cs1) (Interface lag 2)# mtu 9216
    (cs1) (Interface lag 2)# port-channel load-balance 7
    (cs1) (Config)# exit
    
    (cs1) # show port-channel 1/2
    Local Interface................................ 1/2
    Channel Name................................... temp-isl-cn1610
    Link State..................................... Down
    Admin Mode..................................... Enabled
    Type........................................... Static
    Port-channel Min-links......................... 1
    Load Balance Option............................ 7
    (Enhanced hashing mode)
    
    Mbr     Device/        Port      Port
    Ports   Timeout        Speed     Active
    ------- -------------- --------- -------
    0/13    actor/long     10G Full  False        
            partner/long
    0/14    actor/long     10G Full  False 
            partner/long
    0/15    actor/long     10G Full  False
            partner/long
    0/16    actor/long     10G Full  False
            partner/long
    
  10. すべてのノードで、CN1610スイッチCL1に接続されているケーブルを取り外します。

    その後、すべてのノードの切断されたポートを新しいBES-53248スイッチcs1に再接続する必要があります。承認されているケーブル接続オプションについては、Hardware Universeを参照してください。

  11. CN1610スイッチCL1のポート13~16から、4本のISLケーブルを取り外します。

    適切な承認済みケーブルを接続して、新しいBES-53248スイッチcs1のポート0/13から0/16を、既存のCN1610スイッチCL2のポート13~16に接続する必要があります。

  12. アクティブなCN1610スイッチCL2でISL 13~16を起動します。
    次の例は、CL2でISLポート13~16を起動するプロセスを示しています。
    (CL2)# configure
    (CL2)(Config)# interface 0/13-0/16
    (CL2)(Interface 0/13-0/16,3/1)# no shutdown
    (CL2)(Interface 0/13-0/16,3/1)# exit
    (CL2)(Config)# exit
    (CL2)#
  13. CN1610スイッチCL2でISLがupになっていることを確認します。show port-channel
    ポート0/13~0/16について、Link StateUpTypeStaticPort ActiveTrueになっているはずです。
    (CL1)# show port-channel 3/1
    Local Interface................................ 3/1
    Channel Name................................... ISL-LAG
    Link State..................................... Up
    Admin Mode..................................... Enabled
    Type........................................... Static
    Load Balance Option............................ 7
    
    
    (Enhanced hashing mode)
    Mbr      Device/        Port        Port
    Ports    Timeout        Speed       Active
    -------- -------------- ----------- --------
    0/13     actor/long     10 Gb Full  True
             partner/long
    0/14     actor/long     10 Gb Full  True
             partner/long
    0/15     actor/long     10 Gb Full  True
             partner/long
    0/16     actor/long     10 Gb Full  True
             partner/long
    
  14. BES-53248スイッチのISLポートが稼働していることを確認します。show port-channel
    (cs1) # show port-channel 1/2
    
    Local Interface................................ 1/2
    Channel Name................................... temp-isl-cn1610
    Link State..................................... Up
    Admin Mode..................................... Enabled
    Type........................................... Static
    Port-channel Min-links......................... 1
    Load Balance Option............................ 7
    
    (Src/Dest MAC, VLAN, EType, incoming port)
    
    Mbr     Device/       Port      Port
    Ports   Timeout       Speed     Active
    ------- ------------- --------- -------
    0/13    actor/long    10G Full  True
            partner/long
    0/14    actor/long    10G Full  True
            partner/long
    0/15    actor/long    10G Full  True
            partner/long
    0/16    actor/long    10G Full  True
            partner/long
  15. すべてのクラスタ インターコネクト ポートがホーム ポートにリバートされていることを確認します。network interface show -vserver Cluster
    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
                Logical      Status     Network            Current       Current Is
    Vserver     Interface    Admin/Oper Address/Mask       Node          Port    Home
    ----------- ------------ ---------- ------------------ ------------- ------- ----
    Cluster
                node1_clus1  up/up      169.254.209.69/16  node1         e0a     true
                node1_clus2  up/up      169.254.49.125/16  node1         e0b     true
                node2_clus1  up/up      169.254.47.194/16  node2         e0a     true
                node2_clus2  up/up      169.254.19.183/16  node2         e0b     true
    4 entries were displayed.
    
  16. すべてのクラスタ ポートが接続されていることを確認します。network port show -ipspace Cluster
    次の例は、前のコマンドの結果を示しており、すべてのクラスタ インターコネクトが稼働していることを確認しています。
    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    
    Node: node1
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    Node: node2
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    4 entries were displayed.
  17. リモート クラスタ インターフェイスにpingを実行します。cluster ping-cluster -node node-name
    次に、リモート クラスタ インターフェイスにpingを実行する例を示します。
    cluster1::*> cluster ping-cluster -node node2
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69  node1     e0a       
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125  node1     e0b       
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194  node2     e0a       
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183  node2     eob       
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    .... 
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................ 
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  18. すべてのノードで、CN1610スイッチCL2に接続されているケーブルを取り外します。

    その後、すべてのノードの切断されたポートを新しいBES-53248スイッチcs2に再接続する必要があります。承認されているケーブル接続オプションについては、Hardware Universeを参照してください。

  19. BES-53248スイッチcs1のポート13~16から、4本のISLケーブルを取り外します。
  20. cs1の一時ポートチャネル2を削除します。
    次に、ポートチャネル2を削除し、実行中の構成ファイルをスタートアップ構成ファイルにコピーする例を示します。
    (cs1) # configure
    (cs1) (Config)# deleteport 1/2 all
    (cs1) (Config)# exit
    (cs1) # write memory
    
    This operation may take a few minutes.
    Management interfaces will not be available during this time.
    
    Are you sure you want to save? (y/n) y
    
    Config file 'startup-config' created successfully .
    
  21. クラスタ ノード ポートのステータスを確認します。network port show -ipspace Cluster
    次の例では、ノード1とノード2のすべてのクラスタ インターコネクト ポートが動作していることを確認します。
    cluster1::*> network port show -ipspace Cluster
    
    Node: node1
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    Node: node2
                                                                           Ignore
                                                      Speed(Mbps) Health   Health
    Port      IPspace      Broadcast Domain Link MTU  Admin/Oper  Status   Status
    --------- ------------ ---------------- ---- ---- ----------- -------- ------
    e0a       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    e0b       Cluster      Cluster          up   9000  auto/10000 healthy  false
    
    4 entries were displayed.
    
  22. インターフェイスがホームになったことを確認します。network interface show -vserver Cluster
    次の例は、ノード1とノード2について、クラスタ インターコネクト インターフェイスがupIs homeになっていることを示します。
    cluster1::*> network interface show -vserver Cluster
                Logical      Status     Network            Current   Current Is
    Vserver     Interface    Admin/Oper Address/Mask       Node      Port    Home
    ----------- ------------ ---------- ------------------ --------- ------- ------
    Cluster
                node1_clus1  up/up      169.254.209.69/16  node1     e0a     true
                node1_clus2  up/up      169.254.49.125/16  node1     e0b     true
                node2_clus1  up/up      169.254.47.194/16  node2     e0a     true
                node2_clus2  up/up      169.254.19.183/16  node2     e0b     true
    
    4 entries were displayed.
  23. リモート クラスタ インターフェイスにpingを実行してから、リモート プロシージャ コール サーバ チェックを実行します。cluster ping-cluster -node node-name
    次に、リモート クラスタ インターフェイスにpingを実行する例を示します。
    cluster1::*> cluster ping-cluster -node node2
    Host is node2
    Getting addresses from network interface table...
    Cluster node1_clus1 169.254.209.69  node1     e0a       
    Cluster node1_clus2 169.254.49.125  node1     e0b       
    Cluster node2_clus1 169.254.47.194  node2     e0a       
    Cluster node2_clus2 169.254.19.183  node2     e0b       
    Local = 169.254.47.194 169.254.19.183
    Remote = 169.254.209.69 169.254.49.125
    Cluster Vserver Id = 4294967293
    Ping status:
    .... 
    Basic connectivity succeeds on 4 path(s)
    Basic connectivity fails on 0 path(s)
    ................ 
    Detected 9000 byte MTU on 4 path(s):
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.47.194 to Remote 169.254.49.125
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.209.69
        Local 169.254.19.183 to Remote 169.254.49.125
    Larger than PMTU communication succeeds on 4 path(s)
    RPC status:
    2 paths up, 0 paths down (tcp check)
    2 paths up, 0 paths down (udp check)
  24. 構成に含まれるデバイスに関する情報を表示します。network device-discovery show -protocol cdp
    次の例は、ノード1とノード2がCN1610 CL1とCL2からBES-53248 cs1とcs2に移行されたことを示しています。
    cluster1::*> network device-discovery show -protocol cdp
    Node/       Local  Discovered
    Protocol    Port   Device (LLDP: ChassisID)  Interface         Platform
    ----------- ------ ------------------------- ----------------  ----------------
    node1      /cdp
                e0a    cs1                       0/1               BES-53248
                e0b    cs2                       0/1               BES-53248
    node2      /cdp
                e0a    cs1                       0/2               BES-53248
                e0b    cs2                       0/2               BES-53248
    
    4 entries were displayed.
  25. 交換したCN1610スイッチが自動的に削除されていない場合は、これらを削除します。system cluster-switch delete -device device-name
    次に、CN1610スイッチを削除する例を示します。
    cluster::*> system cluster-switch delete –device CL1
    cluster::*> system cluster-switch delete –device CL2
  26. ケースの自動作成を抑制した場合は、AutoSupportメッセージを呼び出して作成を再度有効にします。system node autosupport invoke -node * -type all -message MAINT=END
    cluster::*> system node autosupport invoke -node * -type all -message MAINT=END