新しいBroadcom対応BES-53248クラスタ スイッチの構成

この章で説明する手順を実行すると、新しいBES-53248クラスタ スイッチを構成できます。

タスク概要

ONTAP 9.6以降を実行しているシステムにBroadcom対応BES-53248クラスタ スイッチを取り付けるには、まずIPアドレスと構成を設定して、スイッチが管理インターフェイスを介して通信できるようにします。次に、イーサネット ファブリックOS(EFOS)ソフトウェア、リファレンス構成ファイル(RCF)、およびその他のライセンスを必要に応じてインストールできます。この手順は、コントローラを追加する前にBES-53248スイッチを準備するためのものです。
この手順の例では、スイッチとノードで次の命名法を使用しています。
  • ネットアップのスイッチ名はcs1cs2です。
  • この手順で使用した例では、2番目のスイッチcs2でアップグレードが開始されます。
  • クラスタのLIF名は、ノード1ではnode1_clus1node1_clus2で、ノード2ではnode2_clus1node2_clus2です。
  • IPspaceの名前はClusterです。
  • cluster1::>プロンプトは、クラスタの名前を示します。
  • 各ノードのクラスタ ポートの名前はe0aおよびe0bです。

    ご使用のプラットフォームでサポートされている実際のクラスタ ポートについては、Hardware Universeを参照してください。

    NetApp Hardware Universe

  • ネットアップのスイッチでサポートされているスイッチ間リンク(ISL)は、ポート0/55と0/56です。
  • ネットアップのスイッチでサポートされているノード接続は、デフォルトのライセンスを使用したポート0/1~0/16です。
  • この手順の例では2つのノードを使用していますが、1つのクラスタには最大24のノードを含めることができます。