Element 11.3P1の新機能

NetApp Element 11.3では、管理ノードの要件と機能に重要な変更が加えられたほか、CHAPボリューム認証が改善されました。NetApp Element 11.3P1では、H610Sストレージ ノードでのNVDIMMエラーの誤検出が原因で発生する問題が解決されました。Element 11.3P1では、Element 11.3で提供されていた機能が置き換えられて強化されました。

新しいクラスタ ハードウェア イベント

Element 11.3P1では、NVDIMMエラーの誤検出を最大3件まで抑制し、イベント ログにイベントとして記録します。これらのイベントは、「NVDIMM status result as false positive」と記載されます。イベント ログは、Element Web UIの[Reporting] > [Event Log]から、およびListEvents APIメソッドを使用して確認できます。

設定可能なTLS暗号

Element APIメソッド(GetActiveTlsCiphersGetSupportedTlsCiphersSetSupplementalTlsCiphers)を使用して、APIおよびWeb UI(ポート443と442)にデフォルトのTLS暗号を設定できるようになりました。新しいデフォルトの暗号リストには強度の高い暗号だけが含まれます。

CHAPボリューム認証の拡張点

Element 11.3P1では、CHAP認証でイニシエータベースの認証がサポートされ、イニシエータごとにボリューム アクセス グループでCHAPを使用できるようになりました。

ドキュメントの更新点

SolidFireドキュメント センターでは、新しいドキュメントの配布形式が追加されました。使いやすいインターフェイスを使用して、Elementソフトウェアのすべてのドキュメントに1箇所からアクセスできます。

グループSnapshotの改善

すべてのコンスティチュエントSnapshotがデスティネーションにレプリケートされたあとで、レプリケーション ターゲット クラスタにグループSnapshotが作成されるようになりました。両方のクラスタをElement 11.3P1にアップグレードすると、レプリケーション対象としてマークされたすべてのグループSnapshotでこの機能がデフォルトで有効になります。

管理ノードの変更点

Element 11.3P1管理ノードは、コンテナを使用して個々のサービスを提供する新しいモジュラー アーキテクチャに基づいています。Element 11.3P1はこの新しいアーキテクチャを実装した最初のリリースで、すべてのサービスがコンテナに移行されたわけではありません。この変更により、管理ノードの一部の設定方法が以前のバージョンから変更されました。具体的には、一部のサービスはREST APIを使用して設定できるようになりました。この操作はUIからも実行できます。その他の変更点は次のとおりです。
  • インストール スクリプトまたはアップグレード スクリプトを使用するか、管理ノードから管理サービスREST APIを使用して、プロキシ サーバを構成に追加できます。sfsetproxyは使用されなくなりました。
  • インストール スクリプトとアップグレード スクリプトを使用して、Active IQテレメトリを有効にすることができます。アップグレードまたはインストール後、管理サービスREST APIを使用してこのサービスを有効化または変更できます。
  • 管理ノードのVMが削除された場合や失われた場合に設定データをリストアできます。接続されたElementボリュームを使用して設定データを格納している場合は、交換用の管理ノードVMを再接続して設定データをリカバリできます。
  • IPv6アドレスはサポートされません。IPv6が必要な場合は、引き続きElement 11.1管理ノードを使用してください。

TLS 1.0と1.1の無効化

Element 11.3P1以降、ElementソフトウェアのすべてのWebサーバでTLS 1.0および1.1が無効になります。