AddInitiatorsToVolumeAccessGroup

AddInitiatorsToVolumeAccessGroupメソッドを使用すると、指定したボリューム アクセス グループにイニシエータを追加できます。

イニシエータIQNの有効な形式は、iqn.yyyy-mmです。yとmは数字で、続けて任意の文字列を指定します。使用できる文字は、数字、小文字のアルファベット、ピリオド(.)、コロン(:)、ダッシュ(-)です。次の例を参照してください。
iqn.2010-01.com.solidfire:17oi.solidfire-0.1
Fibre ChannelイニシエータWWPNの有効な形式は、Aa:bB:CC:dd:11:22:33:44、またはAabBCCdd11223344です。次の例を参照してください。
21:00:00:0e:1e:11:f1:81

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
initiators ボリューム アクセス グループに含めるイニシエータのIDまたは名前(IQNおよびWWPN)のリスト。イニシエータ名のリストを渡した場合、存在しないイニシエータは作成されます。

イニシエータIDのリストを渡した場合、存在しないイニシエータにはエラーが返されます。

イニシエータ名を渡すことは推奨されていません。可能な場合はイニシエータIDを使用してください。

整数の配列または文字列の配列(非推奨) []
volumeAccessGroupID イニシエータを追加するボリューム アクセス グループのID。 整数 なし

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
volumeAccessGroup 新たに変更されたボリューム アクセス グループの情報を含むオブジェクト。 volumeAccessGroup

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "id": 13171,
  "method": "AddInitiatorsToVolumeAccessGroup",
  "params": {
    "initiators": [116,117],
    "volumeAccessGroupID": 96
  }
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 13171,
  "result": {
    "volumeAccessGroup": {
      "attributes": {},
      "deletedVolumes": [
        327
      ],
      "initiatorIDs": [
        116,
        117
      ],
      "initiators": [
        "iqn.1993-08.org.debian:01:181324777",
        "iqn.1993-08.org.debian:01:181324888"
      ],
      "name": "northbanktest",
      "volumeAccessGroupID": 96,
      "volumes": [
        346
      ]
    }
  }
}