ModifyVolumeAccessGroup

ModifyVolumeAccessGroupメソッドを使用すると、イニシエータを更新し、ボリューム アクセス グループのボリュームを追加または削除できます。

指定したイニシエータまたはボリュームが既存のものと重複している場合、ボリューム アクセス グループは変更されません。ボリュームまたはイニシエータの値を指定しない場合、イニシエータとボリュームの現在のリストは変更されません。

また、仮想ネットワークをボリューム アクセス グループに関連付けることもできます。この関連付けは、ボリューム アクセス グループ内のすべてのボリュームに適用されます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
volumeAccessGroupID 変更するボリューム アクセス グループのID。 整数 なし
name このボリューム アクセス グループの新しい名前。 文字列 なし ×
attributes JSONオブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。 JSONオブジェクト なし ×
initiators ボリューム アクセス グループに含めるイニシエータのIDまたは名前(IQNおよびWWPN)のリスト。イニシエータ名のリストを渡した場合、存在しないイニシエータは作成されます。イニシエータIDのリストを渡した場合、存在しないイニシエータにはエラーが返されます。イニシエータ名を渡すことは推奨されていません。可能な場合はイニシエータIDを使用してください。 整数の配列(推奨)または文字列の配列(非推奨) なし ×
deleteOrphanInitiators ボリューム アクセス グループから削除したあとにイニシエータ オブジェクトを削除するかどうかを指定します。有効な値は次のとおりです。
  • true:ボリューム アクセス グループから削除したあとにイニシエータ オブジェクトを削除します。
  • false:ボリューム アクセス グループから削除したあとにイニシエータ オブジェクトを削除しません。これがデフォルトです。
ブーリアン false ×
volumes 変更するボリュームのボリュームIDのリスト。 整数の配列 なし volumeAccessGroup

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
volumeAccessGroup 新たに変更されたボリューム アクセス グループの情報を含むオブジェクト。 volumeAccessGroup

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "ModifyVolumeAccessGroup",
   "params": {
      "volumeAccessGroupID": 96,
      "name": "accessgrouptest",
      "initiators": [115,114],
      "volumes": [
         346
    ],
      "attributes": {}
   }
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": null,
  "result": {
    "volumeAccessGroup": {
      "attributes": {},
      "deletedVolumes": [
        327
      ],
      "initiatorIDs": [
        114,
        115
      ],
      "initiators": [
        "iqn.1998-01.com.vmware:desk1-esx1-577b283a",
        "iqn.1998-01.com.vmware:donesq-esx1-421b281b"
      ],
      "name": "accessgrouptest",
      "volumeAccessGroupID": 96,
      "volumes": [
        346
      ]
    }
  }
}