SetSnmpTrapInfo

SetSnmpTrapInfoメソッドを使用すると、クラスタのSNMP通知(トラップ)の生成を有効または無効にし、通知を受け取る一連のホストを指定できます。各SetSnmpTrapInfoメソッド呼び出しで指定した値により、以前の呼び出しで設定されたすべての値が置き換えられます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
trapRecipients ストレージ クラスタによって生成されたトラップを受信するホストのリスト。いずれかのトラップ タイプが有効になっている場合は、少なくとも1つのオブジェクトが必要です。このパラメータは、いずれかのブーリアン パラメータがtrueに設定されている場合のみ必要です (デフォルト値なし。省略可能)。 snmpTrapRecipientの配列
clusterFaultTrapsEnabled trueに設定した場合、クラスタ障害が記録されると、設定されたトラップ受信者リストに対して対応するクラスタ障害通知が送信されます。(デフォルト値:false。省略可能)。 ブーリアン
clusterFaultResolvedTrapsEnabled trueに設定した場合、クラスタ障害が解決すると、設定されたトラップ受信者リストに対して対応するクラスタ障害解決通知が送信されます。(デフォルト値:false。省略可能)。 ブーリアン
clusterEventTrapsEnabled trueに設定した場合、クラスタ イベントが記録されると、設定されたトラップ受信者リストに対して対応するクラスタ イベント通知が送信されます。(デフォルト値:false。省略可能)。 ブーリアン

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
"method":"SetSnmpTrapInfo",
"params":{
    "clusterFaultTrapsEnabled":true,
    "clusterFaultResolvedTrapsEnabled":true,
    "clusterEventTrapsEnabled":true,
    "trapRecipients":[
    {
      "host":"192.30.0.10",
      "port":162,
      "community":"public"
    }
   ]
  },
  "id":1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id" : 1,
    "result" : {}
}