ListClusterFaults

ListClusterFaultsメソッドを使用すると、クラスタで検出されたあらゆる障害に関する情報をリストできます。このメソッドでは、現在の障害と解決済みの障害の両方をリストできます。障害は30秒ごとにキャッシュされます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
bestPractices 最適化されていないシステム構成でトリガーされた障害が含まれます。有効な値は次のとおりです。
  • true
  • false
ブーリアン なし ×
faultTypes 戻り値の障害の種類を次のとおりに指定します。有効な値は次のとおりです。
  • current:アクティブな未解決の障害を表示します。
  • resolved:以前に検出された解決済みの障害を表示します。
  • all:現在の障害と解決済みの両方の障害を表示します。faultオブジェクトの「resolved」メンバーで障害ステータスを確認できます。
文字列 all ×

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
faults 要求されたクラスタ障害の詳細を示すオブジェクト。 fault

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "ListClusterFaults",
    "params": {
      "faultTypes": "current",
      "bestPractices": true
    },
    "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "faults": [
      {
        "clusterFaultID": 1,
        "code": "notUsingLACPBondMode",
        "data": null,
        "date": "2016-04-26T14:57:04.275286Z",
        "details": "Bond1G interfaces found not using LACP bond mode. Nodes not set to LACP bond mode: {1,2,4,5}",
        "driveID": 0,
        "driveIDs": [],
        "nodeHardwareFaultID": 0,
        "nodeID": 0,
        "resolved": false,
        "resolvedDate": "",
        "serviceID": 0,
        "severity": "bestPractice",
        "type": "cluster"
      },
      {
        "clusterFaultID": 9,
        "code": "disconnectedClusterPair",
        "data": null,
        "date": "2016-04-26T20:40:08.736597Z",
        "details": "One of the clusters in a pair may have become misconfigured or disconnected.  Remove the local pairing and retry pairing the clusters. Disconnected Cluster Pairs: []. Misconfigured Cluster Pairs: [3]",
        "driveID": 0,
        "driveIDs": [],
        "nodeHardwareFaultID": 0,
        "nodeID": 0,
        "resolved": false,
        "resolvedDate": "",
        "serviceID": 0,
        "severity": "warning",
        "type": "cluster"
      }
    ]
  }
}