仮想ネットワークの追加

クラスタ構成に新しい仮想ネットワークを追加すると、マルチテナント環境からElementソフトウェアを実行しているクラスタに接続できるようになります。

開始する前に

注意:この構成では、次の条件を考慮する必要があります。
  • VRFが有効でないVLANでは、SVIPと同じサブネットにイニシエータが含まれている必要があります。
  • VRFが有効なVLANでは、SVIPと同じサブネットにイニシエータが含まれている必要はなく、ルーティングがサポートされます。
  • デフォルトのSVIPでは、SVIPと同じサブネットにイニシエータが含まれている必要はなく、ルーティングがサポートされます。

タスク概要

仮想ネットワークを追加すると、各ノードのインターフェイスが作成され、そのそれぞれに仮想ネットワークIPアドレスが必要となります。新しい仮想ネットワークを作成する際に指定するIPアドレスの数は、クラスタ内のノードの数以上であることが必要です。仮想ネットワーク アドレスはまとめてプロビジョニングされ、個々のノードに自動的に割り当てられます。仮想ネットワーク アドレスをクラスタ内のノードに手動で割り当てる必要はありません。

手順

  1. [Cluster] > [Network]の順にクリックします。
  2. [Create VLAN]をクリックします。
  3. [Create a New VLAN]ダイアログ ボックスで、次のフィールドに値を入力します。
    • VLAN Name
    • VLAN Tag
    • SVIP
    • Netmask
    • (オプション)Description
  4. [IP Address Blocks][Starting IP]に、IPアドレス範囲の開始IPアドレスを入力します。
  5. IP範囲の[Size]に、範囲に含めるIPアドレスの数を入力します。
  6. [Add a Block]をクリックして、このVLANの連続しないIPアドレス ブロックを追加します。
  7. [Create VLAN]をクリックします。