個々の仮想ボリュームの詳細

[VVols]タブの[Virtual Volumes]ページでは、仮想ボリュームを個別に選択してその詳細を表示し、次の仮想ボリューム情報を確認できます。

VMW_XXX
「VMW_」で始まるフィールド内の情報は、VMwareによって定義されます。
Parent Virtual Volume ID
親仮想ボリュームの仮想ボリュームID。このIDがゼロの場合、仮想ボリュームは独立しており、親ボリュームへのリンクはありません。
Virtual Volume ID
仮想ボリュームのUUID。
Virtual Volume Type
仮想ボリュームのタイプ(Config、Data、Memory、Swap、またはOther)。
Volume ID
基盤となるボリュームのID。
Access
仮想ボリュームに割り当てられている読み取り / 書き込み権限。
Account Name
ボリュームが含まれているアカウントの名前。
Access Groups
関連付けられているボリューム アクセス グループ。
Total Volume Size
プロビジョニング済み容量の合計(バイト)。
Non-Zero Blocks
前回のガベージ コレクション完了後、データが含まれる4KiBブロックの総数。
Zero Blocks
前回のガベージ コレクション完了後、データが含まれない4KiBブロックの総数。
Snapshots
関連付けられているSnapshotの数。数値をクリックすると、Snapshotの詳細が表示されます。
Min IOPS
仮想ボリュームのQoS設定 - 最小IOPS。
Max IOPS
仮想ボリュームのQoS設定 - 最大IOPS。
Burst IOPS
仮想ボリュームのQoS設定 - バーストIOPS。
Enable 512
仮想ボリュームは常に512バイトのブロック サイズのエミュレーションを使用するため、設定は常にyesです。
Volumes Paired
ボリュームがペアリングされているかどうか。
Create Time
仮想ボリュームの作成タスクが完了した時刻。
Blocks Size
ボリューム上のブロックのサイズ。
Unaligned Writes
512eボリュームの場合、4kセクターの境界に沿っていない書き込み処理の数。アラインしていない書き込みが多数ある場合は、パーティションのアライメントが適切でない可能性があります。
Unaligned Reads
512eボリュームの場合、4kセクターの境界に沿っていない読み取り処理の数。アラインされていない読み取りが多数ある場合は、パーティションのアライメントが適切でない可能性があります。
scsiEUIDeviceID
ボリュームのSCSIデバイスのグローバル一意識別子(EUI-64ベースの16バイト形式)。
scsiNAADeviceID
ボリュームのSCSIデバイスのグローバル一意識別子(NAA IEEE Registered Extended形式)。
Attributes
JSONオブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。