QoS

SolidFireストレージ クラスタでは、サービス品質(QoS)パラメータをボリューム単位で指定できます。QoSを定義する3つの設定可能なパラメータであるMin IOPS、Max IOPS、およびBurst IOPSを使用して、IOPS(1秒あたりの入出力)で測定されるクラスタ パフォーマンスを保証することができます。

注:SolidFire Active IQにはQoSに関する推奨ページがあり、QoSの最適な設定とセットアップに関するアドバイスを提供します。

各IOPSパラメータの定義は次のとおりです。

Min IOPS
ストレージ クラスタがボリュームに提供する平常時の最小IOPS。ボリュームに設定されたMin IOPSは、そのボリュームに対して最低限保証されるパフォーマンス レベルです。パフォーマンスがこのレベルを下回ることはありません。
Max IOPS
ストレージ クラスタがボリュームに提供する平常時の最大IOPS。クラスタのIOPSレベルが非常に高い場合も、IOPSパフォーマンスはこのレベル以下に抑えられます。
Burst IOPS
短時間のバースト時に許容される最大IOPS。ボリュームがMax IOPS未満で動作している間は、バースト クレジットが蓄積されます。パフォーマンス レベルが非常に高くなって最大レベルに達した場合、ボリュームでIOPSの短時間のバーストが許容されます。
Elementソフトウェアでは、IOPS使用率が低い状態でクラスタが稼働しているときにBurst IOPSが使用されます。

個々のボリュームは、蓄積したバースト クレジットを使用して、一定の「バースト期間」中はMax IOPSを最大でBurst IOPSレベルまで一時的に超過することができます。ボリュームのバースト時間は最大で60秒です。クラスタの容量にバーストに対応できるだけの余力があることが条件になります。

ボリュームは、Max IOPS未満で動作している1秒ごとに、1秒分のバースト クレジットを蓄積します(最大60秒)。

Burst IOPSには2つの制限があります。
  • ボリュームは、蓄積したバースト クレジット数と同じ秒数だけMax IOPSを超過できます。
  • ボリュームがMax IOPSの設定を超えた場合は、Burst IOPSの設定によって制限されます。つまり、バースト時のIOPSがボリュームのBurst IOPSの設定を超えることはありません。
Effective Max Bandwidth
最大帯域幅は、(QoS曲線に基づく)IOPSにIOサイズを掛けて計算されます。

例:

QoSパラメータをMin IOPS = 100、Max IOPS = 1000、Burst IOPS = 1500に設定した場合、パフォーマンスの品質は次のようになります。

  • 各ワークロードは、クラスタでIOPSに対するワークロードの競合が発生するまで、最大で1000 IOPSを持続的に使用できます。競合が発生すると、すべてのボリュームのIOPSが指定のQoS範囲内に戻ってパフォーマンスの競合が解消されるまで、IOPSが少しずつ引き下げられます。
  • すべてのボリュームのパフォーマンスは、最大でMin IOPSの100まで引き下げられます。Min IOPSである100を下回ることはなく、ワークロードの競合が解消されれば100 IOPSよりも高いレベルにとどまることが可能です。

  • パフォーマンスは長期間にわたって1000 IOPSを超えることも、100 IOPSを下回ることもありません。1500 IOPS(Burst IOPS)のパフォーマンスは、Max IOPS未満で動作することでバースト クレジットを蓄積したボリュームに対して短時間の間のみ許容されます。バースト レベルが持続することはありません。