仮想ボリュームの使用

Element UIを使用して、仮想ボリュームおよび仮想ボリュームに関連付けられたストレージ コンテナ、プロトコル エンドポイント、バインド、およびホストの情報を確認し、タスクを実行できます。

Virtual Volumes(VVol)機能は、NetApp Elementソフトウェア ストレージ システムの出荷時点では無効になっています。Element UIで、vSphere VVol機能を手動で有効にする必要があります(この操作は1度だけ実行します)。

VVol機能を有効にすると、ユーザ インターフェイスに[VVols]タブが表示されて、VVolに関連する監視オプションと一部の管理オプションを選択できるようになります。また、ストレージ側のソフトウェア コンポーネント(VASA Provider)が、vSphereのストレージ認識サービスとして機能します。ほとんどのVVolコマンド(VVolの作成、クローニング、編集など)は、vCenter ServerまたはESXiホストによって開始され、VASA ProviderによってElementソフトウェア ストレージ システム用のElement APIに変換されます。ストレージ コンテナの作成、削除、管理および仮想ボリュームの削除を実行するコマンドは、Element UIを使用して開始できます。

Elementソフトウェア ストレージ システムでVirtual Volumes(VVol)機能を使用するために必要な設定の大部分は、vSphereで行います。vCenterへのVASA Providerの登録、VVolデータストアの作成と管理、およびポリシーに基づくストレージの管理を実行するには、『VMware vSphere Virtual Volumes for SolidFire Storage Configuration Guide』を参照してください。

注:VVol機能で使用できる仮想ボリュームは、クラスタあたり最大8000個です。