ボリューム レプリケーションの検証

ボリュームがレプリケートされたら、ソース ボリュームとターゲット ボリュームがアクティブになっていることを確認する必要があります。状態がアクティブな場合は、ボリュームがペアリングされ、ソース ボリュームからターゲット ボリュームにデータが送信されて同期されています。

手順

  1. 両方のクラスタで、[Data Protection] > [Volume Pairs]を選択します。
  2. ボリュームのステータスがActiveであることを確認します。