ノードごとのクラスタ設定の詳細

ノードのクラスタ設定を変更することができます。ノードにログインしたら、[Cluster Settings]タブを表示できます。

変更可能なノードのクラスタ設定は次のとおりです。
Role
クラスタ内でのノードのロール。次のいずれかの値を指定できます。
  • Storage:ストレージ ノードまたはFibre Channelノード。
  • Management:管理ノード。
Hostname
ノードの名前。
Cluster
クラスタの名前。
Cluster Membership
ノードの状態。次のいずれかの値を指定できます。
  • Available:クラスタ名が関連付けられておらず、まだクラスタに含まれていないノードです。
  • Pending:設定済みであり、指定されたクラスタに追加できるノードです。このノードにアクセスするための認証は不要です。
  • PendingActive:互換性のあるソフトウェアをノードにインストールしています。インストールが完了すると、ノードはActive状態に移行します。
  • Active:クラスタに参加しているノードです。このノードを変更するには、認証が必要です。
Version
ノードで実行されているElementソフトウェアのバージョン。
Ensemble
データベース アンサンブルに参加しているノード。
Node ID
クラスタへの追加時にノードに割り当てられたID。
Cluster Interface
クラスタ通信に使用するネットワーク インターフェイス。
Management Interface
管理ネットワーク インターフェイス。デフォルトはBond1Gですが、Bond10Gも使用できます。
Storage Interface
Bond10Gを使用するストレージ ネットワーク インターフェイス。