ONTAPからElementへの転送または1回限りの移行の実行

通常、NetApp Elementソフトウェアを実行するSolidFireストレージ クラスタからONTAPソフトウェアへのディザスタ リカバリにSnapMirrorを使用する場合、ElementがソースでONTAPがデスティネーションです。ただし、場合によっては、ONTAPストレージ システムをソース、Elementをデスティネーションとすることができます。

開始する前に

タスク概要

Elementのデスティネーション パスを「hostip:/lun/<id_number>」の形式で指定する必要があります。lunは文字どおり「lun」、id_numberにはElementボリュームのIDを指定します。

手順

  1. ONTAPを使用して、Elementクラスタとの関係を作成します。
    snapmirror create -source-path SVM:volume|cluster://SVM/volume 
    -destination-path hostip:/lun/name -type XDP -schedule schedule -policy
        policy
    cluster_dst::> snapmirror create -source-path svm_1:volA_dst 
    -destination-path 10.0.0.11:/lun/0005 -type XDP -schedule my_daily -policy MirrorLatest
  2. ONTAPのsnapmirror showコマンドを使用して、SnapMirror関係が作成されたことを確認します。

    レプリケーション関係の作成方法についてはONTAPのドキュメントを、詳細なコマンド構文についてはONTAPのマニュアル ページを参照してください。

  3. ElementCreateVolume APIを使用してターゲット ボリュームを作成し、ターゲット ボリュームのアクセス モードをSnapMirrorに設定します。
    Element APIを使用したElementボリュームの作成
    {
       "method": "CreateVolume",
       "params": {
            "name": "SMTargetVolumeTest2",
            "accountID": 1,
            "totalSize": 100000000000,
            "enable512e": true,
            "attributes": {},
            "qosPolicyID": 1,
            "enableSnapMirrorReplication": true,
            "access": "snapMirrorTarget"
        },
        "id": 1
    }
  4. ONTAPのsnapmirror initializeコマンドを使用してレプリケーション関係を初期化します。
    snapmirror initialize -source-path hostip:/lun/name 
    -destination-path SVM:volume|cluster://SVM/volume