virtualVolume

virtualVolumeオブジェクトには、仮想ボリュームの情報と仮想ボリュームのSnapshotの情報が含まれます。稼働情報または使用状況に関する情報は含まれません。ListVirtualVolumesメソッドを使用すると、クラスタの統計情報を取得できます。

オブジェクト メンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
bindings この仮想ボリュームのバインドIDのリスト。 UUIDの配列
children この仮想ボリュームの子である仮想ボリュームUUIDのリスト。 UUIDの配列
descendants ListVirtualVolumesメソッドにrecursive: trueを渡すと、この仮想ボリュームの子である仮想ボリュームUUIDのリストを返します。 UUIDの配列
metadata 仮想ボリューム タイプやゲストOSタイプなどの、仮想ボリューム メタデータのキーと値のペア。 JSONオブジェクト
parentVirtualVolumeID 親仮想ボリュームの仮想ボリュームID。IDがすべてゼロの場合は、親へのリンクのない独立した仮想ボリュームです。 UUID
snapshotID 基盤となるボリュームSnapshotのID。仮想ボリュームがSnapshotでない場合は「0」です。 整数
snapshotInfo 関連するSnapshotのsnapshotオブジェクト(存在しない場合はnull)。 snapshot
status 仮想ボリュームの現在のステータス。有効な値は次のとおりです。
  • cloning:仮想ボリュームはクローンまたはSnapshotの処理に応じて処理されています。
  • waiting:仮想ボリュームはSnapshot処理が完了するのを待機しています。
  • ready:仮想ボリュームは通常の用途で使用可能です。
文字列
storageContainer この仮想ボリュームを所有するストレージ コンテナの詳細を示すオブジェクト。 storageContainer
virtualVolumeID 仮想ボリュームの一意のID。 UUID
virtualVolumeType 仮想ボリュームのタイプ。 文字列
volumeID 基盤となるボリュームのID。 整数
volumeInfo ListVirtualVolumesメソッドにdetails: trueを渡すと、このメンバーはボリュームの詳細を示します。 volume