volumePair

volumePairオブジェクトには、異なるクラスタ上の別のボリュームとペアリングされているボリュームの情報が含まれます。ボリュームがペアリングされていない場合、このオブジェクトは空になります。APIメソッドのListActivePairedVolumesおよびListActiveVolumesを使用すると、ペアリングされているボリュームに関する情報を取得できます。

オブジェクト メンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
clusterPairID ボリュームがペアリングされているクラスタ。 整数
remoteReplication ボリューム レプリケーションの詳細。メンバーは次のとおりです。
  • mode:(文字列)「Async」、「Sync」、または「SnapshotsOnly」のいずれか。
  • pauseLimit:(整数)内部使用のみ。
  • remoteServiceID:(整数)リモート スライス サービスID。
  • resumeDetails:(文字列)再利用のために予約済み。
  • snapshotReplication(JSONオブジェクト)
    • state:(文字列)Snapshot機能を使用したレプリケーションを実行中の場合は、その状態。
    • stateDetails:(文字列)再利用のために予約済み。
  • state:(文字列)ボリューム レプリケーションの状態。
  • stateDetails:(文字列)再利用のために予約済み。
JSONオブジェクト
remoteSliceID リモート クラスタ上のクラスタ定義のスライスID。 整数
remoteVolumeID ローカル ボリュームとペアリングされているリモート クラスタ上のボリュームのID。 整数
remoteVolumeName リモート ボリュームの名前。 文字列
volumePairUUID このペアリングのクラスタ定義のUUID(標準形式)。 文字列