レプリケーションAPIメソッド

レプリケーションAPIメソッドを使用すると、継続的なデータ保護(CDP)のために2つのクラスタを接続できます。2つのクラスタを接続すると、一方のクラスタ内のアクティブなボリュームをもう一方のクラスタにデータ リカバリ用に継続的にレプリケートできます。レプリケーション用にボリュームをペアリングすることで、データにアクセスできなくなる可能性のあるイベントからデータを保護できます。