BreakSnapMirrorRelationship

Element Web UIは、BreakSnapMirrorRelationshipメソッドを使用してSnapMirror関係を解除します。SnapMirror関係を解除すると、デスティネーション ボリュームが独立して読み書き可能になり、ソース ボリュームとは切り離して使用できるようになります。関係を再確立する場合はResyncSnapMirrorRelationship APIメソッドを使用します。このメソッドを使用するには、ONTAPクラスタが使用可能であることが必要です。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
snapMirrorEndpointID Elementストレージ クラスタと通信するリモートONTAPストレージ システムのエンドポイントID。 整数 なし
destinationVolume SnapMirror関係のデスティネーション ボリューム。 snapMirrorVolumeInfo なし

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
snapMirrorRelationship 解除されたSnapMirror関係の情報を含むオブジェクト。 snapMirrorRelationship

新規導入バージョン

10.1