要求エンドポイント

APIで使用される要求エンドポイントには、3つのタイプ(ストレージ クラスタ、ストレージ クラスタの作成、ノード単位)があります。必ず、使用しているElementソフトウェアのバージョンでサポートされる最新のエンドポイントを使用してください。

APIの3つの要求エンドポイントは、次の方法で指定されます。

クラスタAPIメソッド

ストレージ クラスタ全体のAPI要求に対応するHTTPSエンドポイントはhttps://<mvip>/json-rpc/<api-version>です。
  • <mvip>は、ストレージ クラスタの管理仮想IPアドレスです。
  • <api-version>は、使用するAPIのバージョンです。

クラスタ作成とブートストラップAPIメソッド

ストレージ クラスタの作成とブートストラップAPI要求へのアクセスに対応するHTTPSエンドポイントはhttps://<nodeIP>/json-rpc/<api-version>です。
  • <nodeIP>はクラスタに追加するノードのIPアドレスです。
  • <api-version>は、使用するAPIのバージョンです。

ノード単位のAPIメソッド

各ストレージ ノードのAPI要求に対応するHTTPSエンドポイントはhttps://<nodeIP>:442/json-rpc/<api-version>です。
  • <nodeIP>はストレージ ノードの管理IPアドレスです。442は、HTTPSサーバが動作するポートです。
  • <api-version>は、使用するAPIのバージョンです。