SecureEraseDrives

SecureEraseDrivesメソッドを使用すると、ステータスが「available」のドライブに残っているデータをすべて削除できます。機密データが含まれていてサービス寿命の終わりに近づいているドライブを交換するときに、このメソッドを使用できます。このメソッドは、Security Erase Unitコマンドを使用して事前に設定されたパターンをドライブに書き込み、ドライブの暗号化キーをリセットします。この非同期メソッドが完了するまでに数分かかることがあります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
drives 完全消去の対象となるドライブIDのリスト。 整数の配列 なし

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
asyncHandle 処理結果の取得に使用するハンドル値。 整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "SecureEraseDrives",
   "params": {
     "drives"  : [3, 4, 5]
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id" : 1
   "result" : {
     "asyncHandle" : 1
   }
}

新規導入バージョン

9.6