SetSnmpInfo

SetSnmpInfoメソッドを使用すると、クラスタ ノードでSNMPバージョン2およびバージョン3を設定できます。このインターフェイスで設定した値はクラスタ内のすべてのノードに適用され、指定した値により、以前のSetSnmpInfo呼び出しで設定されたすべての値が置き換えられます。

パラメータ

注:SetSnmpInfo は、Elementバージョン6.0以降では廃止されています。代わりに、EnableSnmpメソッドおよびSetSnmpACLメソッドを使用してください。

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
networks ネットワーク、およびクラスタ ノードで実行されているSNMPサーバに対するアクセス タイプのリスト。指定可能な値については、SNMP networkオブジェクトを参照してください。このパラメータはSNMP v2の場合のみ必要です。 networkの配列 なし ×
enabled trueに設定すると、クラスタ内の各ノードでSNMPが有効になります。 ブーリアン false ×
snmpV3Enabled trueに設定すると、クラスタ内の各ノードでSNMP v3が有効になります。 ブーリアン false ×
usmUsers SNMP v3を有効にする場合は、networksパラメータの代わりにこの値を指定する必要があります。このパラメータはSNMP v3の場合のみ必要です。 usmUser なし ×

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例 - SNMP v3を有効にする場合

このメソッドの要求例を次に示します。

{
"method":"SetSnmpInfo",
"params":{
    "enabled":true,
    "snmpV3Enabled":true,
    "usmUsers":[
      {
        "name":"user1",
        "access":"rouser",
        "secLevel":"auth",
        "password":"namex1",
        "passphrase":"yourpassphrase"
      }
    ]
  },
 "id":1
}

要求例 - SNMP v2を有効にする場合

このメソッドの要求例を次に示します。

{
"method":"SetSnmpInfo",
"params":{
    "enabled":true,
    "snmpV3Enabled":false,
    "networks":[
      {
        "community":"public",
        "access":"ro",
        "network":"localhost",
      }
    ]
  },
  "id":1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id" : 1 
  "result" :{
  }
}

新規導入バージョン

9.6