CreateCluster

CreateClusterメソッドを使用すると、「mvip」または「svip」アドレスを所有するクラスタ内のノードを初期化できます。新しいクラスタは、それぞれクラスタの最初のノードの管理IP(MIP)を使用して初期化されます。また、このメソッドは、構成されているすべてのノードを自動的にクラスタに追加します。このメソッドを実行するのは、新しいクラスタを初期化するときに1回だけです。

注:GetBootStrapConfigメソッドを実行してクラスタに含める残りのノードのIPアドレスを取得してから、CreateClusterメソッドをクラスタのマスター ノードに対して実行することができます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
acceptEula このクラスタを作成するときに、エンド ユーザ ライセンス契約を承諾するかどうかを指定します。EULAを承諾するには、このパラメータをtrueに設定します。 ブーリアン なし
attributes JSONオブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。 JSONオブジェクト なし ×
mvip 管理ネットワークのクラスタのフローティング(仮想)IPアドレス。 文字列 なし
nodes クラスタを構成するノードの初期セットのCIP / SIPアドレス。このノードのIPはリストに含まれている必要があります。 文字列の配列 なし
password クラスタ管理アカウントの初期パスワード。 文字列 なし
repCount クラスタに格納する各データのレプリカ数。有効な値は「2」です。 整数 2
svip ストレージ(iSCSI)ネットワークのクラスタのフローティング(仮想)IPアドレス。 文字列 なし
username クラスタ管理者のユーザ名。 文字列 なし

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "CreateCluster",
  "params": {
    "acceptEula": true,
    "mvip": "10.0.3.1",
    "svip": "10.0.4.1",
    "repCount": 2,
    "username": "Admin1",
    "password": "9R7ka4rEPa2uREtE",
    "attributes": {
      "clusteraccountnumber": "axdf323456"
    },
    "nodes": [
      "10.0.2.1",
      "10.0.2.2",
      "10.0.2.3",
      "10.0.2.4"
    ]
  },
  "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{ 
"id" : 1,
"result" : {}
}

新規導入バージョン

9.6