ListDeletedVolumes

ListDeletedVolumesメソッドを使用すると、削除対象としてマークされてシステムからパージされたボリュームのリストを取得できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
includeVirtualVolumes デフォルトでは仮想ボリュームは応答に含まれます。仮想ボリュームを除外するには、falseに設定します。 ブーリアン true ×

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
volumes 削除されたボリュームのリスト。 volumeの配列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "ListDeletedVolumes",
   "params": {},
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id": 1,
    "result": {
        "volumes": [
            {
                "access": "readWrite",
                "accountID": 2,
                "attributes": {},
                "blockSize": 4096,
                "createTime": "2018-06-24T03:13:13Z",
                "deleteTime": "2018-07-22T16:12:39Z",
                "enable512e": true,
                "iqn": "iqn.2010-01.com.solidfire:0oto.deletethis.23",
                "name": "deleteThis",
                "purgeTime": "2016-07-23T00:12:39Z",
                "qos": {
                    "burstIOPS": 15000,
                    "burstTime": 60,
                    "curve": {
                        "4096": 100,
                        "8192": 160,
                        "16384": 270,
                        "32768": 500,
                        "65536": 1000,
                        "131072": 1950,
                        "262144": 3900,
                        "524288": 7600,
                        "1048576": 15000
                    },
                    "maxIOPS": 15000,
                    "minIOPS": 50
                },
                "scsiEUIDeviceID": "306f746f00000017f47acc0100000000",
                "scsiNAADeviceID": "6f47acc100000000306f746f00000017",
                "sliceCount": 1,
                "status": "deleted",
                "totalSize": 1396703232,
                "virtualVolumeID": null,
                "volumeAccessGroups": [],
                "volumeID": 23,
                "volumePairs": []
            }
        ]
    }
}

新規導入バージョン

9.6