ModifyClusterInterfacePreference

ModifyClusterInterfacePreferenceメソッドを使用すると、Elementソフトウェアを実行するストレージ クラスタと統合されたシステムで、既存のクラスタ インターフェイス設定を変更できます。このメソッドは内部で使用されます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
name 変更するクラスタ インターフェイス設定の名前。 文字列 なし
value クラスタ インターフェイス設定の新しい値。 文字列 なし

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
	"method": "ModifyClusterInterfacePreference",
	"params": {
	"name": "testname",
	"value": "newvalue"
},
	"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id": 1,
    "result": {}
}

新規導入バージョン

11.0