AddVirtualNetwork

AddVirtualNetworkメソッドを使用すると、クラスタ構成に新しい仮想ネットワークを追加できます。

仮想ネットワークを追加すると、各ノードのインターフェイスが作成され、その各インターフェイスに仮想ネットワークIPアドレスが必要となります。このAPIメソッドのパラメータには、クラスタ内のノード数以上のIPアドレスを指定する必要があります。仮想ネットワーク アドレスは一括でプロビジョニングされ、個々のノードに自動的に割り当てられます。仮想ネットワーク アドレスをノードに手動で割り当てる必要はありません。

注:AddVirtualNetworkメソッドは、新しい仮想ネットワークを作成するためだけに使用されます。既存の仮想ネットワークに変更を加えるには、ModifyVirtualNetworkメソッドを使用します。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
addressBlocks 仮想ネットワークに含める固有のIPアドレス範囲。このオブジェクトの必須のメンバーは次のとおりです。
  • start:IPアドレス範囲の開始アドレス (文字列)。
  • size:ブロックに含めるIPアドレスの数 (整数)。
JSONオブジェクトの配列 なし
attributes JSONオブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。 JSONオブジェクト なし ×
gateway 仮想ネットワークのゲートウェイのIPアドレス。このパラメータは、namespaceパラメータをtrueに設定した場合のみ有効です。 文字列 なし ×
name 新しい仮想ネットワークのユーザ定義名。 文字列 なし
namespace trueに設定した場合、ネームスペースとその仮想ネットワークが作成および構成され、ルーティング可能ストレージVLAN機能が有効になります。 ブーリアン なし ×
netmask 作成している仮想ネットワークに一意のネットワーク マスク。 文字列 なし
svip 作成している仮想ネットワークに一意のストレージIPアドレス。 文字列 なし
virtualNetworkTag 一意の仮想ネットワーク(VLAN)タグ。サポートされる値は1~4094です。 整数 なし
注:namespacefalseに設定する場合は、仮想ネットワークごとに仮想ネットワークのパラメータを一意にする必要があります。

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
virtualNetworkID 新しい仮想ネットワークの仮想ネットワークID。 整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "AddVirtualNetwork",
  "params": {
    "virtualNetworkTag": 2010,
    "name": "network1",
    "addressBlocks" : [
        { "start": "192.86.5.1", "size": 10 },
        { "start": "192.86.5.50", "size": 20 }
    ],
    "netmask" : "255.255.192.0",
    "gateway" : "10.0.1.254",
    "svip" : "192.86.5.200",
    "attributes" : {}
    "namespace" : true
  },
"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id": 1,
   "result": 
      {
        "virtualNetworkID": 5
   }
}

新規導入バージョン

9.6