CreateClusterSupportBundle

CreateClusterSupportBundleを管理ノードで使用すると、クラスタ内のすべてのノードからサポート バンドルを収集できます。作成されたバンドルは、.tar.gzファイルとしてノードに保存されます。このメソッドは管理ノードでのみ実行できます。ストレージ ノードで実行しても機能しません。

パラメータ

注:このメソッドは管理ノードに対して呼び出す必要があります。次に例を示します。
https://<management node IP>:442/json-rpc/10.0

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
allowIncomplete 1つ以上のノードからバンドルを収集できない場合でも、スクリプトが引き続き実行されるようにします。 ブーリアン なし ×
bundleName 作成する各サポート バンドルの一意の名前。名前を指定しない場合、「supportbundle」とノード名がファイル名として使用されます。 文字列 なし ×
extraArgs このパラメータは、sf_make_support_bundleスクリプトに渡されます。このパラメータは、ネットアップ サポートから指示された場合にのみ使用します。 文字列 なし ×
mvip クラスタのMVIP。バンドルは、クラスタ内のすべてのノードから収集されます。このパラメータは、nodesパラメータを指定しない場合のみ必要です。 文字列 なし
nodes バンドルを収集するノードのIPアドレス。nodesまたはmvipのいずれかを使用してバンドルの収集元のノードを指定します。両方を使用することはできません。このパラメータは、mvipを指定しない場合のみ必要です。 文字列の配列 なし
password クラスタ管理者のパスワード。
注:このパスワードは、入力時にテキストとして表示されます。
文字列 なし
username クラスタ管理者のユーザ名。 文字列 なし

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
"method": "CreateClusterSupportBundle", 
"params": {
          "bundlename": "clusterbundle",
          "mvip": "132.119.120.100"
     }  
   },
 "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id":1,
  "result":{
   "details":{
      "bundleName":"clusterbundle",
      "extraArgs":"",
      "files":[
          "/tmp/supportbundles/clusterbundle.cl-4SD5.tar"
      ],
      "output":"timeout -s KILL 1790s /usr/local/bin/sfclustersupportbundle --quiet --name=\"clusterbundle\" --target-directory=\"/tmp/solidfire-dtemp.MM7f0m\" --user=\"admin\" --pass=\"admin\" --mvip=132.119.120.100"
       },
       "duration":"00:00:24.938127",
       "result":"Passed"
    }
}

新規導入バージョン

9.6