仮想ネットワークの命名規則

NetApp Elementストレージ システムでは、システム内のすべてのオブジェクトに対する一意の識別子として、1つずつ増分する数値を使用します。

新しいボリュームを作成すると、新しいボリュームのIDはちょうど「1」増分されます。この規則は、Elementソフトウェアを実行しているストレージ クラスタの仮想ネットワークにも適用されます。Elementクラスタに作成する最初の仮想ネットワークのVirtualNetworkIDは1です。このIDは、VLANタグ番号とは別のものです。

APIメソッドに明記されていれば、VirtualNetworkIDとVirtualNetworkTag(VLANタグ)のどちらかを使用できます。