Snapshotスケジュールの詳細

[Data Protection] > [Schedules]ページにあるSnapshotスケジュールのリストでは、次の情報を確認できます。

ID
システムによって生成されたSnapshotのID。
Type
スケジュールのタイプ。現時点でサポートされているタイプはSnapshotのみです。
Name
スケジュールの作成時に指定した名前。Snapshotスケジュール名は最大223文字で、使用できる文字はa~z、0~9、およびダッシュ(-)です。
Frequency
スケジュールを実行する頻度。頻度は時間と分、週、または月で設定できます。
Recurring
スケジュールが1回だけ実行されるか、定期的に実行されるか。
Manually Paused
スケジュールが手動で一時停止されているかどうか。
Volume IDs
スケジュールの実行時に使用されるボリュームのID。
Last Run
最後にスケジュールが実行された日時。
Last Run Status
スケジュールの前回の実行結果。有効な値は次のとおりです。
  • Success
  • Failure