レプリケーション モードの変更

ボリューム ペアのプロパティを編集して、ボリューム ペア関係のレプリケーション モードを変更することができます。

手順

  1. [Data Protection] > [Volume Pairs]の順に選択します。
  2. ボリューム ペアの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. [Edit]をクリックします。
  4. [Edit Volume Pair]ペインで、新しいレプリケーション モードを選択します。
    • Real-time (Asynchronous):書き込みはソース クラスタでコミットされたあとにクライアントに通知されます。
    • Real-time (Synchronous):書き込みはソース クラスタとターゲット クラスタの両方でコミットされたあとにクライアントに通知されます。
    • Snapshots Only:ソース クラスタで作成されたSnapshotだけがレプリケートされます。ソース ボリュームのアクティブな書き込みはレプリケートされません。
    注意:レプリケーション モードの変更はすぐに反映されます。これらの変更が両方のサイトで調整されていることを確認してください。
  5. [Save Changes]をクリックします。