ストレージ ノードのアップグレード

ストレージ ノードのソフトウェアをアップグレードするには、HealthToolsツール スイートを使用する必要があります。最新のHealthToolsツールを使用するには、管理ノード11.0、11.1、またはそれ以降を使用する必要があります。

ソフトウェアのアップグレード プロセスで実行する作業は次のとおりです。


アップグレードのワークフロー図

上記のワークフローには管理ノードのアップグレードが2つ含まれています。1つ目のアップグレードは管理ノード11.0または11.1がない場合に必要です。最新のHealthToolsをダウンロードするためにはどちらかのバージョンが必要です。2つ目の管理ノードのバージョン11.7へのアップグレードはオプションであり、クラスタのElementを最新バージョンにアップグレードしたあとに実行できます。管理ノード11.7へのアップグレードについては、次のいずれかのトピックを参照してください。
注:アップグレードの実行中は、ノードの追加と削除、ドライブの追加と削除、およびイニシエータ、ボリューム アクセス グループ、仮想ネットワークに関連するコマンドなど、一部の処理は実行できません。

ダーク サイトからHealthToolsやストレージ ノードをアップグレードする場合の手順は上記と異なります。