SnapMirror関係の詳細

[Data Protection]タブの[SnapMirror Relationships]ページには、クラスタ上のすべてのSnapMirror関係に関する情報(エンドポイントID、デスティネーション クラスタの名前、デスティネーション ボリュームの名前など)が表示されます。

Endpoint ID
エンドポイントのID。
Source Cluster
ソース クラスタの名前。
Source Volume
ソース ボリュームの名前。
Destination Cluster
デスティネーションONTAPクラスタの名前。
Destination Volume
デスティネーションONTAPボリュームの名前。
State
デスティネーション ボリュームの現在の関係の状態。有効な値は次のとおりです。
  • uninitialized:デスティネーション ボリュームは初期化されていません。
  • snapmirrored:デスティネーション ボリュームは初期化され、SnapMirror更新を受信できる状態です。
  • broken-off:デスティネーション ボリュームは読み書き可能な状態にあり、Snapshotが存在します。
Status

関係の現在のステータス。有効な値は、idle、transferring、checking、quiescing、quiesced、queued、preparing、finalizing、aborting、およびbreakingです。

Lag Time
デスティネーション システムがソース システムより遅延している時間(秒)。遅延時間は転送スケジュールの間隔以下であることが必要です。
Bandwidth Limit
関係に関連付けられるデータ転送が消費できる最大帯域幅。
Last Transferred
前回転送されたSnapshotのタイムスタンプ。クリックすると詳細が表示されます。
Policy Name
関係のONTAP SnapMirrorポリシーの名前。
Policy Type
関係に対して選択されたONTAP SnapMirrorポリシーのタイプ。有効な値は次のとおりです。
  • async_mirror
  • mirror_vault
Schedule Name
関係に対して選択されたONTAPシステム上の既存のスケジュールの名前。