RestoreDeletedVolume

RestoreDeletedVolumeメソッドを使用すると、削除したボリュームを再びアクティブとしてマークできます。ボリュームはただちにiSCSI接続で使用できるようになります。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
volumeID リストアする削除済みボリュームのID。 整数 なし

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "RestoreDeletedVolume",
   "params": {
      "volumeID"  : 5
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id" : 1,
  "result": {}
}

新規導入バージョン

9.6