fault

faultオブジェクトには、クラスタで検出された障害の情報が含まれます。ListClusterFaultsメソッドを使用すると、クラスタ障害情報を取得できます。

オブジェクト メンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
clusterFaultID 各クラスタ障害に関連付けられた一意のID。 整数
code 検出された特定の障害の障害コード。詳細については、「クラスタ障害コード」を参照してください。 文字列
data 障害固有の詳細情報。 JSONオブジェクト
date 現在の時刻(UTC+0形式)。 ISO 8601形式の文字列
details エラーの説明とその他の詳細情報。 文字列
driveID ドライブIDのリストの最初のドライブID。ドライブIDのリストが空の場合(ドライブに関連する障害が返されていない場合)は0になります。 整数
driveIDs この障害に関連するドライブのドライブIDの値のリスト。ドライブに関連する障害の場合に表示されます。ない場合は空の配列になります。 整数の配列
nodeHardwareFaultID クラスタのハードウェア障害に割り当てられたID。 整数
nodeID この障害に関連するノードのノードID。ノードとドライブの障害の場合に表示され、それ以外の場合は0が表示されます。 整数
resolved 障害の解決状況。有効な値は次のとおりです。
  • true:障害が検出されなくなった場合。
  • false:障害がまだ存在する場合。
ブーリアン
resolvedDate エラーが解決された日時です。 ISO 8601形式の文字列
serviceID 障害に関連付けられたサービス。障害がサービスに関連付けられていない場合、この値は「0」(ゼロ)です。 整数
severity 障害の重大度。有効な値は次のとおりです。
  • warning:深刻ではない問題です。この重大度レベルでは、クラスタは機能しており、引き続きアップグレードが可能です。
  • error:通常サービスに影響することはありません(パフォーマンスが低下したり、HAが失われたりする可能性があります)。一部の機能が無効になる可能性があります。
  • critical:サービスに影響する深刻な障害です。API要求やクライアントI/Oに対応できず、データが失われる危険があります。
  • bestPractice:最適化されていないシステム構成でトリガーされた障害です。
文字列
type 障害のタイプ。有効な値は次のとおりです。
  • node:ノード全体に影響する障害。
  • drive:個々のドライブに影響する障害。
  • cluster:クラスタ全体に影響する障害。
  • service:クラスタ上のサービスに影響する障害。
  • volume:個々のボリュームに影響する障害。
文字列