SetRemoteLoggingHosts

SetRemoteLoggingHostsメソッドを使用すると、ストレージ クラスタ内のノードから一元化された1台以上のログ サーバへのリモート ロギングを設定できます。リモート ロギングは、デフォルト ポート514を使用してTCP経由で実行されます。このAPIは、既存のロギング ホストにホストを追加するのではなく、 現在のロギング ホストをこのAPIメソッドで指定された新しいホストに置き換えます。GetRemoteLoggingHostsを使用して現在のロギング ホストを特定してから、SetRemoteLoggingHostsを使用して現在のロギング ホストに新しいロギング ホストを加えたリストを設定できます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
remoteHosts ログ メッセージの受信者のホストのリスト。 loggingServerの配列 なし

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "id": 1, 
   "method": "SetRemoteLoggingHosts", 
   "params": {
     "remoteHosts": [
        {
          "host": "172.16.1.20", 
          "port": 10514
        }, 
        {
          "host": "172.16.1.25"
        }
      ]
   }
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
    "id" : 1,
    "result" : {}
}

新規導入バージョン

9.6