schedule

scheduleオブジェクトには、ボリュームのSnapshotを自動的に作成するために設定されたスケジュールの情報が含まれます。APIメソッドListSchedulesを使用すると、すべてのスケジュールの情報を取得できます。

オブジェクト メンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
attributes
スケジュールの実施頻度を示します。有効な値は次のとおりです。
  • Day of Week
  • Day of Month
  • Time Interval
JSONオブジェクト
hasError
スケジュールにエラーがあるかどうかを示します。有効な値は次のとおりです。
  • true
  • false
ブーリアン
hours 次のSnapshotが作成されるまでの時間を表示します。有効な値は0~24です。 整数
lastRunStatus
最後にスケジュール設定したSnapshotのステータスを示します。有効な値は次のとおりです。
  • Success
  • Failed
文字列
lastRunTimeStart 最後にスケジュールが開始された日を示します。 ISO 8601形式の日付文字列
minutes 次のSnapshotが作成されるまでの時間を分単位で表示します。有効な値は0~59です。 整数
monthdays Snapshotが作成される日にちを示します。 配列
paused
スケジュールが停止しているかどうかを示します。有効な値は次のとおりです。
  • true
  • false
ブーリアン
recurring
スケジュールが繰り返されるかどうかを示します。有効な値は次のとおりです。
  • true
  • false
ブーリアン
runNextInterval 次にスケジューラがアクティブになったときにスケジュールが実行されるかどうかを示します。trueの場合、次にスケジューラがアクティブになったときにスケジュールが実行され、実行後にfalseに戻ります。有効な値は次のとおりです。
  • true
  • false
ブーリアン
scheduleID スケジュールの一意のID。 整数
scheduleInfo スケジュールに指定した一意の名前、作成したSnapshotの保持期間、Snapshot作成元のボリュームのボリュームIDが含まれます。 JSONオブジェクト
scheduleName スケジュールに割り当てられた一意の名前。 文字列
scheduleType 現在のところ、サポートされているスケジュール タイプはsnapshotだけです。 文字列
snapMirrorLabel 作成されたSnapshotまたはグループSnapshotに適用されるsnapMirrorLabel。scheduleInfoに含まれます。設定されていない場合、値はnullです。 文字列
startingDate スケジュールが最初に開始された日、または開始される日。形式は、UTC時間形式です。 ISO 8601形式の日付文字列
toBeDeleted
スケジュールを削除対象としてマークするかどうか。有効な値は次のとおりです。
  • true
  • false
ブーリアン
weekdays Snapshotが作成される曜日を示します。 配列