CreateSupportBundle

CreateSupportBundleを使用すると、ノードのディレクトリにサポート バンドル ファイルを作成できます。作成したバンドルは、tar.gzファイルとしてノードに格納されます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
bundleName サポート バンドルの一意の名前。名前を指定しない場合、「supportbundle」とノード名がファイル名として使用されます。 文字列 なし ×
extraArgs このパラメータはsf_make_support_bundleスクリプトに渡されます。このパラメータは、ネットアップ サポートから指示された場合にのみ使用します。 文字列 なし ×
timeoutSec サポート バンドル スクリプトを実行する秒数。 整数 1500 ×

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
details サポート バンドルの詳細。有効な値は次のとおりです。
  • bundleNameCreateSupportBundle APIメソッドで指定した名前。名前を指定しなかった場合、「supportbundle」が使用されます。
  • extraArgs:このメソッドで渡された引数。
  • files:システムが作成したサポート バンドル ファイルのリスト。
  • output:サポート バンドルを作成したスクリプトからのコマンドライン出力。
  • timeoutSec:サポート バンドル スクリプトの実行を停止するまでの秒数。
  • url:作成されたサポート バンドルのURL。
JSONオブジェクト
duration サポート バンドルの作成にかかった時間(HH:MM:SS.ssssss形式)。 文字列
result サポート バンドルの処理が成功したか失敗したか。 文字列

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
 "method": "CreateSupportBundle", 
"params": {} 
 },
"id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
"id": 1,
"result": {
  "details": {
    "bundleName": "supportbundle",  
    "extraArgs": "",
    "files": [
         "supportbundle.SF-D220.tar.gz"
     ],
     "output": "timeout -s KILL 1500s /sf/scripts/sf_make_support_bundle --quiet /tmp/solidfire- dtemp.bYRag7/supportbundle timeout -s KILL 1500s pigz --verbose --fast \"/tmp/solidfire-dtemp.bYRag7/supportbundle.*.tar\" /tmp/solidfire-dtemp.bYRag7/supportbundle.SF-D220.tar to /tmp/solidfire-dtemp.bYRag7/supportbundle.SF-D220.tar.gz Moved '/tmp/solidfire-dtemp.bYRag7/supportbundle.SF-D220.tar.gz' to /tmp/supportbundles",
      "timeoutSec": 1500,
      "url": [
          "https://192.168.130.155:442/config/supportbundles/supportbundle.SF-D220.tar.gz"
      ]
    },
    "duration": "00:00:21.166692",
    "result": "Passed"
  }
}

新規導入バージョン

9.6