CreateSnapMirrorRelationship

Element Web UIは、CreateSnapMirrorRelationshipメソッドを使用して、ソース エンドポイントとデスティネーション エンドポイントの間のSnapMirror拡張データ保護関係を作成します。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
snapMirrorEndpointID Elementストレージ クラスタと通信するリモートONTAPストレージ システムのエンドポイントID。 整数 なし
sourceVolume 関係のソース ボリューム。 snapMirrorVolumeInfo なし
destinationVolume 関係のデスティネーション ボリューム。 snapMirrorVolumeInfo なし
relationshipType 関係のタイプ。Elementソフトウェアを実行しているストレージ システムの場合、この値は常に「extended_data_protection」です。 文字列 なし ×
policyName 関係のONTAP SnapMirrorポリシーの名前を指定します。指定しない場合のデフォルトのポリシー名は、MirrorLatestです。 文字列 なし ×
scheduleName SnapMirror関係を更新する際に使用される、ONTAPシステム上の既存のcronスケジュールの名前。スケジュールを指定しない場合は、SnapMirror更新がスケジュールされないため、手動での更新が必要となります。 文字列 なし ×
maxTransferRate ボリューム間の最大データ転送率を、1秒あたりのキロバイト数で指定します。デフォルト値の0は無制限を意味し、使用可能なネットワーク帯域幅をSnapMirror関係がフルに活用できるようにします。 整数 なし ×

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
snapMirrorRelationship 新たに作成されたSnapMirror関係の情報。 snapMirrorRelationship

新規導入バージョン

10.1