CopyVolume

CopyVolumeメソッドを使用すると、既存のボリュームのデータ コンテンツを別のボリューム(またはSnapshot)のデータ コンテンツで上書きできます。IQN、QoS設定、サイズ、アカウント、ボリューム アクセス グループのメンバーシップなどの、デスティネーション ボリュームの属性は変更されません。デスティネーション ボリュームは、すでに存在していてソース ボリュームと同じサイズである必要があります。

この処理を開始する前にクライアントでデスティネーション ボリュームをアンマウントすることを推奨します。処理中にデスティネーション ボリュームが変更された場合、変更は失われます。この処理が完了するまでの所要時間は状況によって異なります。GetAsyncResultメソッドを使用してプロセスがいつ完了したかを調べたり、ListSyncJobsを使用してコピーの進捗状況を確認したりできます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
dstVolumeID 上書きするボリュームのID。 整数 なし
volumeID データを読み取るボリュームのID。 整数 なし
snapshotID クローンのソースとして使用するSnapshotのID。IDを指定しない場合は、現在のアクティブ ボリュームが使用されます。 整数 なし ×

戻り値

このメソッドの戻り値は次のとおりです。

名前 説明 タイプ
asyncHandle 処理結果の取得に使用するハンドル値。 整数
cloneID 新しいクローン ボリュームのクローンID。 整数

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
   "method": "CopyVolume",
   "params": {
      "volumeID" : 3,
      "dstVolumeID" : 2
   },
   "id" : 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
  "id": 1,
  "result": {
    "asyncHandle": 9,
    "cloneID": 5
  }
}

新規導入バージョン

9.6