データ保護

NetApp Elementソフトウェアでは、個々のボリュームまたはボリューム グループのSnapshot、Elementで実行されているクラスタとボリュームの間のレプリケーション、ONTAPシステムへのレプリケーションなど、さまざまな機能を使用してデータを保護できます。

Snapshot

Snapshotのみのデータ保護では、特定の時点における変更済みのデータをリモート クラスタにレプリケートします。ソース クラスタで作成されたSnapshotだけがレプリケートされます。ソース ボリュームのアクティブな書き込みはレプリケートされません。

Elementで実行されているクラスタとボリュームの間のレプリケーション

フェイルオーバーやフェイルバックの際には、Elementで実行されているクラスタ ペアのどちらかのクラスタからボリュームのデータを同期または非同期でレプリケートできます。

SnapMirrorテクノロジを使用したElementクラスタとONTAPクラスタ間のレプリケーション

NetApp SnapMirrorテクノロジを使用すると、ディザスタ リカバリを目的として、Elementを使用して作成されたSnapshotをONTAPにレプリケートできます。SnapMirror関係では、Elementが一方のエンドポイントで、ONTAPがもう一方のエンドポイントです。