MVIPを使用したクラスタのペアリング

一方のクラスタのMVIPを使用してもう一方のクラスタとの接続を確立することにより、リアルタイム レプリケーション用に2つのクラスタをペアリングできます。この方法を使用するには、両方のクラスタに対するクラスタ管理者アクセスが必要です。クラスタをペアリングする前に、クラスタ管理者のユーザ名とパスワードを使用してクラスタ アクセスを認証します。

手順

  1. ローカル クラスタで、[Data Protection] > [Cluster Pairs]の順に選択します。
  2. [Pair Cluster]をクリックします。
  3. [Start Pairing]をクリックし、リモート クラスタにアクセスできるので[Yes]をクリックします。
  4. リモート クラスタのMVIPアドレスを入力します。
  5. [Complete pairing on remote cluster]をクリックします。
    [Authentication Required]ウィンドウで、リモート クラスタのクラスタ管理者のユーザ名とパスワードを入力します。
  6. リモート クラスタで、[Data Protection] > [Cluster Pairs]の順に選択します。
  7. [Pair Cluster]をクリックします。
  8. [Complete Pairing]をクリックします。
  9. [Complete Pairing]ボタンをクリックします。