ノードごとのネットワーク設定の詳細

ノードのネットワーク設定を変更して、新しいネットワーク属性を指定できます。

ノードのネットワーク設定は、[Network Settings]ウィンドウに表示されます。ネットワーク設定は、ノードにログインすると確認できます。以下は、ノードの状態がAvailable、Pending、Activeのときに変更可能な項目です。

Method
インターフェイスの設定に使用する方法。この方法は、その他の設定によって異なります。たとえば、静的IPアドレスを使用する場合は、staticに変わります。有効な方法は次のとおりです。
  • loopback:IPv4ループバック インターフェイスを定義する場合に使用します。
  • manual:デフォルトの設定がないインターフェイスを定義する場合に使用します。
  • dhcp:動的ホスト構成プロトコル(DHCP)経由でIPアドレスを取得する場合に使用できます。
  • static:IPv4アドレスが静的に割り当てられたイーサネット インターフェイスを定義する場合に使用します。
IP Address
10Gまたは1GネットワークのIPアドレス。
Subnet Mask
IPネットワークのアドレス分割。
Gateway Address
ローカル ネットワークの外部にパケットを送信するためのルータのネットワーク アドレス。
MTU
ネットワーク プロトコルで送信可能な最大パケット サイズ。1500バイト以上にする必要があります。
DNS Servers
クラスタ通信に使用するネットワーク インターフェイス。
Search Domains
システムで利用可能な追加のMACアドレスの検索。
Bond Mode

モードは次のいずれかになります。

  • ActivePassive(デフォルト)
  • ALB
  • LACP