Fibre Channelクライアントのボリューム アクセス グループの作成

ボリューム アクセス グループによって、Fibre ChannelクライアントとSolidFireストレージ システム上のボリューム間の通信が可能になります。Fibre Channelクライアントのイニシエータ(WWPN)をボリューム アクセス グループ内のボリュームにマッピングすることで、Fibre ChannelネットワークとSolidFireボリュームの間の安全なデータI/O通信が実現します。

タスク概要

iSCSIイニシエータをボリューム アクセス グループに追加することもできます。これにより、イニシエータはボリューム アクセス グループ内の同じボリュームにアクセスできるようになります。

手順

  1. [Management] > [Access Groups]の順にクリックします。
  2. [Create Access Group]をクリックします。
  3. [Name]フィールドにボリューム アクセス グループの名前を入力します。
  4. [Unbound Fibre Channel Initiators]リストからFibre Channelイニシエータを選択して追加します。
    注: イニシエータはあとから追加または削除できます。
  5. オプション: [Initiators]リストからiSCSIイニシエータを選択して追加します。
  6. ボリュームをアクセス グループに接続するには、次の手順を実行します。
    1. [Volumes]リストからボリュームを選択します。
    2. [Attach Volume]をクリックします。
  7. [Create Access Group]をクリックします。