SolidFireストレージ クラスタへのボリュームのバックアップ

Elementソフトウェアを実行しているストレージ クラスタでは、あるクラスタ上にあるボリュームをリモートのクラスタにバックアップできます。

開始する前に

ソース クラスタとターゲット クラスタがペアリングされていることを確認します。詳細については、「クラスタのペアリング」を参照してください。

タスク概要

クラスタ間でバックアップまたはリストアを実行する際には、システムによってクラスタ間の認証に使用するキーが生成されます。ソース クラスタはこのボリュームの一括書き込みキーを使用してデスティネーション クラスタに対して認証し、デスティネーション ボリュームへの書き込みがセキュリティで保護されます。バックアップまたはリストアを実行する際には、処理を開始する前に、デスティネーション ボリュームからボリュームの一括書き込みキーを生成する必要があります。

手順

  1. デスティネーション クラスタで、[Management] > [Volumes]の順に選択します。
  2. デスティネーション ボリュームの[Actions]アイコンをクリックします。
  3. 表示されたメニューで[Restore from]をクリックします。
  4. [Integrated Restore]ダイアログ ボックスの[Restore from]で、[SolidFire]を選択します。
  5. [Data Format]で、次のいずれかのオプションを選択します。
    • Native:SolidFireストレージ システムのみが読み取り可能な圧縮形式。
    • Uncompressed:他のシステムと互換性がある非圧縮形式。
  6. [Generate Key]をクリックします。
  7. [Bulk Volume Write Key]ボックスからクリップボードへキーをコピーします。
  8. ソース クラスタで、[Management] > [Volumes]の順に選択します。
  9. バックアップするボリュームの[Actions]アイコンをクリックします。
  10. 表示されたメニューで[Backup to]をクリックします。
  11. [Integrated Backup]ダイアログ ボックスの[Backup to]で、[SolidFire]を選択します。
  12. [Data Format]フィールドで、前の手順で選択したデータ形式と同じ形式を選択します。
  13. [Remote Cluster MVIP]フィールドにデスティネーション ボリュームのクラスタの管理仮想IPアドレスを入力します。
  14. [Remote Cluster Username]フィールドにリモート クラスタのユーザ名を入力します。
  15. [Remote Cluster Password]フィールドにリモート クラスタのパスワードを入力します。
  16. デスティネーション クラスタで生成したキーを[Bulk Volume Write Key]フィールドに貼り付けます。
  17. [Start Read]をクリックします。