APIアクティビティの表示

Elementシステムの各種機能は、NetApp Element APIをその基盤として使用します。Element UIでは、画面での操作に連動して、システム上のさまざまな種類のAPIアクティビティをリアルタイムで確認できます。APIログでは、ユーザが開始したバックグラウンドのシステムAPIアクティビティと、現在表示しているページ上で実行したAPI呼び出しを確認できます。

タスク概要

APIログを使用すると、特定のタスクにどのAPIメソッドが使用されるかを特定し、APIのメソッドおよびオブジェクトを使用してカスタム アプリケーションを構築する方法を確認できます。各メソッドについては、NetApp ElementソフトウェアAPIリファレンス ガイドを参照してください。

手順

  1. Element UIナビゲーション バーから、[API Log]をクリックします。
  2. [API Log]ウィンドウに表示されるAPIアクティビティの種類を変更するには、次の手順を実行します。
    1. API要求トラフィックを表示する場合は、[Requests]を選択します。
    2. API応答トラフィックを表示する場合は、[Responses]を選択します。
    3. APIトラフィックのタイプをフィルタリングする場合は、次のいずれかを選択します。
      • User Initiated:このWeb UIセッション中のユーザのアクティビティによるAPIトラフィック。
      • Background Polling:バックグラウンド システム アクティビティによって生成されるAPIトラフィック。
      • Current Page:現在表示しているページ上のタスクによって生成されるAPIトラフィック。