ボリュームSnapshotを使用したデータ保護

ボリュームSnapshotは、ボリュームのポイントインタイム コピーです。ボリュームのSnapshotを作成し、あとでボリュームをSnapshot作成時の状態にロールバックする必要が生じた場合に使用できます。

タスク概要

Snapshotはボリュームのクローンに似ています。ただし、Snapshotはボリューム メタデータの単なるレプリカであるため、マウントや書き込みはできません。ボリュームSnapshotの作成には少量のシステム リソースとスペースしか使用されないため、クローニングよりも短い時間で完了します。

個々のボリュームまたは一連のボリュームのSnapshotを作成できます。

必要に応じて、Snapshotをリモート クラスタにレプリケートして、ボリュームのバックアップ コピーとして使用できます。レプリケートしたSnapshotを使用すると、ボリュームを特定の時点にロールバックできます。または、レプリケートしたSnapshotからボリュームのクローンを作成できます。