ブロードキャスト クライアントの有効化

ブロードキャスト クライアントの設定を使用して、クラスタ内の各ノードがネットワーク タイム プロトコル(NTP)サーバで更新を照会するのではなくNTPブロードキャストをリスンするように設定できます。

開始する前に

タスク概要

NTPは、ネットワークを介してクロックを同期するために使用します。内部または外部のNTPサーバへの接続は、クラスタの初期セットアップ時に行う必要があります。

NTPサーバは最大5つまで入力できます。

注: IPv4とIPv6の両方のアドレスを使用できます。

手順

  1. [Cluster] > [Settings]の順にクリックします。
  2. [Network Time Protocol Settings]で、[Yes]を選択してブロードキャスト クライアントとして使用します。
  3. [Server]フィールドに、ブロードキャスト モードで設定したNTPサーバを入力します。
  4. [Save Changes]をクリックします。