drive

driveオブジェクトには、クラスタ内のActive状態のノードの個々のドライブに関する情報が含まれます。このオブジェクトには、ボリューム メタデータまたはブロック ドライブとして追加されたドライブのほか、まだ追加されていないが使用可能なドライブの詳細が含まれます。この情報は、ListDrives APIメソッドを使用して取得できます。

オブジェクト メンバー

このオブジェクトのメンバーは次のとおりです。

名前 説明 タイプ
attributes JSONオブジェクト形式の名前と値のペアのリスト。このオブジェクトは常にnullであり、変更できません。 JSONオブジェクト
容量 ドライブの容量合計(バイト)。 整数
chassisSlot HCIプラットフォームの場合、このドライブが配置されているサーバ シャーシ内のノードのドライブ文字とスロット番号です。ストレージ プラットフォームの場合は、スロット番号を表す「slot」の整数の文字列表現です。 文字列
DriveFailureDetail ドライブのステータスが「 Failed 」の場合、このフィールドには、ドライブに障害があるとマークされた理由の詳細が表示されます。 文字列
driveID このドライブのID。 整数
DriveSecurityFaultReason ドライブセキュリティの有効化または無効化に失敗した場合は、失敗した理由です。値が「 none 」の場合、エラーは発生しませんでした。 文字列
キー ID キープロバイダがこのドライブのロックを解除するための認証キーを取得するために使用するキー ID 。 UUID
keyProviderID このドライブのロックを解除するための認証キーのプロバイダを識別します。 整数
nodeID このドライブが配置されているノードのID。 整数
segmentFileSize ドライブのセグメント ファイル サイズ(バイト)。 整数
serial ドライブのシリアル番号。 文字列
slot このドライブを配置するサーバ シャーシのスロット番号です。SATADimmデバイスが内部メタデータ ドライブとして使用されている場合には「-1」になります。 整数
ステータス ドライブのステータス。有効な値は次のとおりです。
  • available:利用可能なドライブ。
  • active:アクティブ ドライブ。
  • erasing:ドライブは完全消去中です。このドライブ上のデータは完全に消去されます。
  • failed:障害が発生したドライブ。このドライブに以前保存されていたデータは、クラスタ内の他のドライブに移行されました。
  • removing:ドライブは現在消去中です。このドライブに以前保存されていたデータをクラスタ内の他のドライブに移行しています。
文字列
type ドライブのタイプ。有効な値は次のとおりです。
  • volume:ボリューム メタデータを保存します。
  • block:ブロック データを保存します。
  • unknown:まだアクティブではない、未特定のドライブ タイプです。
文字列
usableCapacity ドライブの使用可能容量(バイト)。 整数