ModifyVolumePair

ModifyVolumePairメソッドを使用すると、ボリュームのペア間のレプリケーションを一時停止または再開できます。このメソッドは、ソース ボリューム(読み取り / 書き込みアクセス権のあるボリューム)に対して設定されます。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
volumeID 変更するボリュームのID。 整数 なし 有効
pausedManual リモート レプリケーションは、ソース(読み取り / 書き込み)ボリュームで一時停止または再開できます。有効な値は次のとおりです。
  • true:ボリュームのレプリケーションを一時停止します。
  • false:ボリュームのレプリケーションを再開します。
値を指定しない場合、レプリケーションは変更されません。
ブーリアン なし 無効
mode ボリュームのレプリケーション モード。有効な値は次のとおりです。
  • Async:ローカル クラスタへの書き込みが完了した時点で、ターゲット クラスタに書き込みがレプリケートされるのを待たずに、書き込み完了として通知されます。
  • Sync:ソースのデータがローカル クラスタとリモート クラスタの両方に格納された時点で、書き込み完了として通知されます。
  • SnapshotsOnly:ソース クラスタで作成されたSnapshotだけがレプリケートされます。ソース ボリュームのアクティブな書き込みはレプリケートされません。
文字列 なし 無効

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  "method": "ModifyVolumePair", 
  "params": {
    "pausedManual": false, 
    "volumeID": 5,
    "mode": "sync"
   },
  "id": 1
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
   "id" : 1,
   "result" : {}
}

新規導入バージョン

9.6