EnableIdPAuthentication

EnableIdpAuthenticationこの方法を使用すると、クラスタのサードパーティ製の IDP を使用した認証のサポートを有効にできます。IdP 認証を有効にすると、 LDAP とクラスタの管理者は、サポートされている UI を介してクラスタにアクセスできなくなり、アクティブな認証済みセッションは無効化 / 切断されます。サポートされている UI を介してクラスタにアクセスできるのは、サードパーティ製の IDP によって認証されたユーザだけです。

パラメータ

このメソッドの入力パラメータは次のとおりです。

名前 説明 タイプ デフォルト値 必須
idpConfigurationID サードパーティの IdP 設定の UUID 。IdP 設定が 1 つしか存在しない場合、デフォルトではその設定が有効になります。

IDPConfiguration が 1 つだけの場合idpConfigurationIDは、パラメータを指定する必要はありません。

UUID なし 無効

戻り値

このメソッドには戻り値はありません。

要求例

このメソッドの要求例を次に示します。

{
  「メソッド」:「 EnableIDPAuthentication 」、
  "params": {
    "IDpConfigurationID": "F983 C602-12F9-4C67-B214-BF505185CFED" 、
  }
}

応答例

このメソッドの応答例を次に示します。

{
"result": {}
}

新規導入バージョン

12.0